【飯テロ警報発令中!】2015年の”ねとめし”7選。

”ねとめし”が美味しそう♡

そもそも”ねとめし”ってなんだ?

”ねとめし”

それは…、

”ネットで話題の料理レシピ”

です!

今年も数々の”ねとめし”が話題となりましたが…、気になったものをピックアップしました♡

スポンサーリンク

飯テロ警報!食欲をそそる”カマンベールチーズのベーコン巻き”

ベーコン巻き
http://www.chanatu.com/
カマンベールチーズをベーコンで包み、フライパンで焼いたなんとも美味しそうなこちらの”カマンベールチーズのベーコン巻き”♡
カマンベール2つを重ねて、たくさんのベーコンで包むのがおいしく作るコツみたいです。

見た目もかわいい♡女子力ねとめし”桃モッツァレラ”

桃モッツァレラ
http://news.livedoor.com/
桃の甘みとモッツァレラのコクがナイスコラボレーションだそうで。
白ワインのお供にすると最高みたいです。


なんと、柿モッツァレラもある模様!果物はとりあえずモッツァレラと一緒に食べてみるといいのかもしれません(?)。
桃モッツァレラ2
http://news.livedoor.com/

【材料】

 ・モモ 1個
 ・モッツァレラチーズ 100グラム
 ・レモンの皮 適量

 ・オリーブオイル 適量
 ・白ワインビネガー 適量
 ・塩 適量
 ・コショウ 適量
http://news.livedoor.com/

桃とモッツァレラチーズを適当な大きさに切って、オリーブオイル+白ワインビネガー+塩コショウをかけて、最後にレモンの皮を添えれば完成です♪

乾麺パスタがもちもちの生パスタに大変身☆”水漬けパスタ”

生パスタ
http://www.gatfre.com/
皆さん、生パスタって食べたことありますか?私の以前働いていたレストランは生パスタがウリのお店だったのですが…、生パスタって本当にもちもちで美味しいんです♡その生パスタが乾麺パスタでも作れるということで、これはぜひ試したい一品です!
生パスタ2
http://rocketnews24.com/
細長い容器に水とパスタを入れてしばらく置くんですが…、置き時間はこちら↓
”1.4mmの太さ 1時間
1.7mmの太さ 1時間30分
1.9mmの太さ 2時間”
です。


感じ方なのか作り方なのかわかりませんが、賛否両論あるみたいです(笑)。

濃厚とろ~り♡いくらを食べてるみたいな気持ちになれる”黄身の醤油漬け”

黄身の醤油漬け
http://entermeus.com/
いくらって高いですよね…。たまにちらし寿司を作るんですが、なかなか高くていつもスーパーでいくらを見てはその高さに驚いています。でも、そのいくらを再現できるという”ねとめし”があるようです!それがこちらの”黄身の醤油漬け”。
黄身の醤油漬け2
http://entermeus.com/
卵の黄身を濃口醤油小さじ2弱+みりん小さじ1/2の中にIN!4時間~1日漬けると濃厚な”黄身の醤油漬け”の出来上がりです♪
白いご飯と相性バッチリ◎です。


黄身のテカり具合が食欲をそそられますね!

手軽にサッと作れるかわいさ満点おやつ♡”マシュマロトースト”

マシュマロトースト
http://spotlight-media.jp/
マシュマロのもこもこ感と焦げ具合がなんとも愛らしい”マシュマロトースト”。


ちなみに2分でも結構焦げるらしく、こんなことになってしまうケースも…。作るときは目が離せませんね(笑)。
食パンの上にマシュマロを乗っけて軽く焦げ目がつくまでトーストすれば完成です♪
ちなみに甘すぎるなんて声もあり…、ヨーグルトを一緒に載せている方もいましたよ☆

パズーとシータも食べたあの”ラピュタパン”

ラピュタパン
http://nlab.itmedia.co.jp/
人気ジブリ作品『天空の城ラピュタ』の中でパズーとシータが食べている”ラピュタパン”。リアルに作るとこんなに美味しそう♡
マヨネーズで堤防を作って真ん中に生卵を落としてオーブントースターで5分ほど焼けば出来上がりです♪


ラピュタパン2
http://eiga-tabemono.jugem.jp/
食べたらラピュタの世界を味わえるかも?

はちみつやメープルシロップをかけて”梨トースト”

梨トースト
http://cookpad.com/
梨と食パンってなんだか新しい組み合わせな気がしますが、相性はバッチリなようです。加熱しても梨のシャキッと感は健在。


シナモンかけてる方もたくさんいらっしゃいました。

”ねとめし”でSNSのいいね!をもらっちゃおう♪

ねとめし
いかがでしたか?どれも美味しそうですね~♡それにしても、トースト系が多い(笑)。でも、これで朝食のバリエーションはかなり増えたのではないでしょうか。見た目も斬新な”ねとめし”はSNSでいいね!をもらえること間違いなしです!手軽に作れるものばかりなのでぜひ一品作ってみては?


Share.